ぜひ「ゴルギアの技術力」をご体感ください。

お客様に合った重量やバランス、ライ角を調整または長尺化や流行のクラブを使用するにはどういった調整をすれば良いかなど、最適なご提案・クラブ調整により、クラブ本来の力を発揮し、ゴルフをより楽しくすることが出来ます。
当ゴルフバー・シミュレーションゴルフを楽しまれるお客様はもちろん、ご遠方のお客様も、お気軽にお声かけ・ご相談・お問い合わせください。


飛距離が出ないとお悩みの方へ

1本1本シャフトの硬度、特性を特殊な測定器で数値を測り、シャフトの個々の特性を割り出し、お客様のスイングにあったシャフ30ト方向をすべてのクラブに装着。 シャフトのしなりをすべて安定させることにより方向性の安定、ショットの精度上げてスコアアップに繋げるクラブ調整方法です。


シャフト交換(ウッド、アイアン)

お客様のスイングにあったクラブに
生まれ変わらせる。

ご使用中のシャフトを別のシャフトに交換します。
主にシャフトの重量、硬さ、しなりが合わない場合におこない、飛距離の向上、方向性の安定を目的におこなう作業になります。


スパイン調整

シャフト本来の性能を引出す。

シャフトのしなり方向のバラつきを一定方向に合わせて調整することにより、 すべてのクラブが同じ方向にしなるので、すべて同じ間隔でクラブが振れフェースの打点位置がバラつかず方向性の安定や飛距離アップに繋がります。


バランス調整

お客様の感覚、フィーリングを重視し、
より良い球筋を出す。

クラブの重心(バランスポイント)を調整することによってクラブを振った時のフィーリングを良くする。
また、ヘッド側を重くすると飛距離やつかまりが良くなり、 グリップ側を重くすると安定性や操作性が良くなります。


ロフト調整

飛距離、方向性をUP。

アイアンのロフトを立てる、もしくは寝かせることにより飛距離UPや球の高さを調整することで、お客様にあった角度に調整をおこないます。


ライ角調整

アイアンの生命線、調整の必需品。

既製品のアイアンは一般男性の平均身長に合わせてライ角が決まって作成されていることが現状です。使用されるお客様の身長は一人一人バラバラなのでライ角もお客様一人一人に合わせ調整することが、一番大事だと考えます。
合わないライ角を使用すると方向が安定しないだけでなく本来の飛距離や性能を発揮しないため、しっかりとインパクトした際のソールの抜け方を測定、判断しお客様にあったライ角を推奨、調整いたします。


フェースアングル調整

球筋な曲がりを抑え、
安心して振れるイメージを作り出す。

主にウッドの調整で行いますが、クラブをソールして構えた際、フェースの向きが安定せず任意の方向に向かない際に調整をおこないます。
クラブの個体差や特徴でクラブフェースを左右に向かせるクラブが最近多いため、お客様にあったフェース方向やご希望のフェース向きに少しでもあわせるために調整をおこないます。任意の方向にあわせることで無駄な意識や力が抜け安心して振りぬけるクラブに変わります。


お気軽にご相談・お問い合わせください。

ゴルフクラフトショップ&ゴルフバー GOLGEAR|公式line@
GOLGEAR 公式LINE@

GOLGEAR公式LINE@ゴルフクラフトショップ&ゴルフバー GOLGEAR|公式line@ゴルフクラフトショップ&ゴルフバー GOLGEAR|公式line@

PAGE TOP